Browsing Category

渓流

RARTS 渓流

山々や木々に囲まれた渓流釣りで抜群の能力を発揮する偏光レンズ『トリードベンド』

2019年8月7日

 

初夏

晩春から初夏にかけ、渓流釣りのベストシーズンと言える季節。

渓流釣りは水深が浅く水の透明度は比較的高い傾向にあります。

また山々や木々に囲まれ太陽光を遮るものが多いため、必ずしも明るいところばかりではなく、

影に入ってしまって、足元が暗くなるところも歩きます。

 

RARTS トリードベンド 偏光効率76%  視感透過率45%

 

上記のような渓流釣りの特徴を踏まえた上でさまざまなロケーションに対応できるRARTS(アーツ)のラインナップの中から『トリードベンド』をおすすめ致します。

 

トリードベンドは偏光効率が76%と森林等で光量が遮られた環境においても明るい視界を確保できるため安全です。

 

また雨天時のような光量が極端に少なくなる状況下においても、偏光効率99%の偏光レンズでは視界の明るさを保つことができないことがありますが、トリードベンドでしたら安心です。

 

 

また渓流釣りでも比較的光量を遮る木々が少ないロケーションではラグナブルーも選択肢に入ります。

鮎やニジマスといった対象物の存在を浮かび上がらせ、素早い状況把握を可能にするブルーグレーレンズカラー。

こちらもトリードベンドと同様に、実戦向きのレンズと言えるのではないでしょうか。

 

 

RARTS ラグナブルー 偏光効率99%  視感透過率27%

 

 

是非、一度、ご体験ください。

 

感動レンズはRARTS(アーツ)

#鮎釣り#鮎#釣り#フィッシング#自然#遊び
#アユ釣り #川釣り#偏光レンズ#釣りガール #釣り女子
#シルバーミラー#アーツ#伊藤光学#渓流#渓流釣り
#rarts#mountainstreamfishing
#fishing #outdoor#camping #camera
#polarized#shimano#gamakatsu
@hana3rd

 

RARTS オフィシャルウェブサイトはこちら

 

 

RARTS 渓流

鮎解禁の季節到来、渓流釣りでオススメの偏光サングラスは?

2019年7月4日

 

 

鮎の旬は、禁漁が解禁される6月から8月と言われています。

梅雨の時期から7月にかけて「旬の走り」と呼ばれる時期で、体長が12㎝~15㎝の小ぶりな鮎を釣ることができます。

 

ではこの時期に渓流釣りでオススメな偏光サングラスをご紹介致します。

 

 

 

 

渓流釣りでオススメの偏光サングラス

 

渓流は水深が浅いことが多く、水の透明度は比較的高いです。山々や木々に囲まれ、太陽光を遮るものが多いため、光量が少ないシーンでもストラクチャーを捉えやすい明るめのレンズカラーを是非、お選びください。極端に光量が少ない場合は、足元の安全のためにも、偏光効率を抑えて視感透過率を高めたRARTSの偏光レンズ、スティングレイ、トリードベンドが大いに役に立ちます。

 

 

 

これから旬の季節を迎える渓流釣り。

是非、お楽しみください。

 

 

感動レンズはRARTS(アーツ)

#鮎釣り#鮎#釣り#フィッシング#自然#遊び
#アユ釣り #川釣り#偏光レンズ#釣りガール #釣り女子
#シルバーミラー#アーツ#伊藤光学#渓流#渓流釣り
#rarts#mountainstreamfishing
#fishing #outdoor#camping #camera
#polarized#shimano#gamakatsu
@hana3rd

 

RARTS オフィシャルウェブサイトはこちら