Browsing Tag

釣り

RARTS バスフィッシング 琵琶湖

ファッションにこだわるアングラーにぴったりのRARTS偏光サングラス「SQUARE」

2021年2月13日

 

 

その名の通り四角く大型のフレームで


シンプルでありながら存在感のある


流行継続中のストリートデザインは釣り場でもファッションにこだわるアングラーにぴったり。

 

 

 

#バスフィッシング#バス釣り

#偏光レンズ#偏光サングラス#アーツ
#釣り#海釣り#渓流釣り #ゴルフ#眼鏡#メガネ#めがね
#ニューフレーム#伊藤光学#フィールドスタイル
#メイドインジャパンレンズ

RARTS バスフィッシング

DECENT[RARTS/偏光サングラス]

2021年1月18日

 

 

スタイリッシュでクールなデザインを与えるデザインは「サングラスはメタルフレームで決まり!」という方の為の1本。

高級眼鏡の聖地福井県鯖江市で作られた
フレームは、掛けた方に大人の余裕を
感じさせる。

 

 

#偏光レンズ#偏光サングラス#アーツ
#釣り#海釣り#渓流釣り #ゴルフ#眼鏡#メガネ#めがね
#ニューフレーム#伊藤光学#フィールドスタイル
#メイドインジャパンレンズ

 

 

 

RARTS 琵琶湖

秋の荒ぐいスタート [偏光サングラスはRARTS]

2020年10月1日
アユが遡上するため、浅いエリアに
移動してきおり、それを追ってハスも

入りだしてきてるので、濁りとリンクする際にバスも入ってくる事が予想されます。

 

“秋の荒ぐいスタート”
RARTS

狙いは満潮前後の潮が動くタイミング。[RARTS]

2020年9月16日

 

狙いは満潮前後の潮が動くタイミング。

 

メインタイムに備え、明るい時間帯に

 

マゼランブルーをチョイスし海底のブレイク、サンドバー、
沈み瀬の位置、ウィードなどの
事前チェック。

RARTS 六畳一間の狼 渓流

RARTSで自分に合った偏光グラスを選んで、さらに釣りを楽しもう。

2020年7月22日

Choose the right polarizing glass for you at Rarts and enjoy fishing even more.

RARTSで自分に合った偏光グラスを選んで、さらに釣りを楽しみましょう。

 

六畳一間の狼

 

 

@fishing_wolf61 #六畳一間の狼
#アディダス#釣り#渓流#渓流釣り#海釣り
#偏光レンズ #眼鏡 #メガネ #偏光サングラス
#バス釣り#アウトドア#伊藤光学

#fishing#mountainstreamfishing #poraloid

 

 

 

 

 

RARTS 渓流

流れの中で泳ぐ渓流魚を見逃さない偏光レンズ。

2020年5月13日

 

 

 

 

A polarized lens that does not overlook mountain stream fish swimming in the stream.

 

流れの中で泳ぐ渓流魚を見逃さない
偏光レンズ。

 

ROUGH with Anberbrown

 

#ROUGH#伊藤光学 #アーツ#偏光レンズ#眼鏡
#渓流釣り#渓流#釣り#アンバーブラウン#フィッシング
#鮎釣り #鮎 #イワナ #アマゴ #バス釣り
#fishing#polarized #outdoor

 

 

 

RARTS バスフィッシング

バス釣りに最適な偏光サングラス。過酷な状況下で『視界良好』な偏光レンズをご紹介

2019年9月2日

バス釣りに偏光サングラスが必要な理由

バス釣りを楽しむ皆さんにとって偏光サングラスは最も重要なアイテムの1つです。

不意のアクシデントによるケガを防止し、『目を保護する』ことはもちろんのこと、紫外線や反射光を抑制し、快適にバス釣りを楽しむのに欠かせません。

その中でも偏光サングラスが担う役割として最も重要なことは『どんな天候条件下でも純度の高いクリアな視界を保つこと』ではないでしょうか。

肝心な時にレンズが曇っていたり、水滴がついて周りが見えないなんてことがあったら話になりません。

クリアな視界を保つことは、自然界の中から確実な情報を拾い出し、キャスティングの精度を高め、ラインの角度や変化、ルアーのトレースコースを素早く認識するためには絶対条件となるからです。

 

 

過酷な条件にこそ偏光レンズのコーティング技術が『一瞬のバイト』を逃さない

バス釣りをしていて偏光レンズの表面に水滴や汚れが付着したり、湿度の高い日に曇ってしまったり。ましてや傷が入ってしまっては、どんなに高い光学性能、偏光性能を兼ね備えていても最大限の力をフルに発揮をすることはできません。

そこでおススメするのが新作偏光サングラス『RARTS(アーツ)』です。RARTSはレンズ表面に独自のコーティングを施すことによって、様々な条件下に対応したレンズに仕上げることが可能であり、バス釣りをする上で最大のアドバンテージになります。

雨天時にバスボートで走行中にレンズに当たる水滴が、レンズ表面を流れるように滑っていき、ポイント到着時にレンズを拭くことなく、そのまま釣りができるロータスコーティングは1度使ってしまえば、このコーティングを施したレンズ以外を雨天時に使用することは考えられません。

 

 

バス釣りの環境に最適な偏光レンズは?

湖やダムの場合は、海と違って周りが山や森といったグリーンに囲まれていることが多くなり、そのグリーンが水面で反射されることによって、水の色が海水に比べてグリーンに近いです。

さらに、湖底の泥が巻き上がる状況では、ブラウンやイエローの色素も含まれた水のカラーとなります。

その水のカラーにレンズカラーを合わせた場合、全ての色素を含んでいるエクスプローラー・スプルースグリーン・カーマインコパ―、ハバナが適する場合が多くなります。

RARTSエクスプローラー:裸眼に近い視界を保つ。水中の微妙な変化を逃さないようにコントラスト性能を加えた、オールラウンドレンズカラー。

RARTSスプルースグリーン:光量が少ない朝や夕方、曇天や雨天といった状況におすすめ。

RARTSカーマインコパ―:物体のエッジを最も際立たせ、より立体的に対象物を捉えることのできるレッドレンズ。。

・RARTSハバナ:真夏の炎天下でも有害光線から確実に目を保護することができる。

 

 

皆さんも是非、お気に入りのRARTSレンズを見つけてください。

 

 

KEEP CAST2019 RARTS

キープキャスト2019 『RARTS 偏光サングラスが当たる』キャンペーン当選者の声

2019年5月13日

 

キープキャスト2019にて『RARTS 偏光サングラスが当たる』キャンペーンに多数のご応募、

誠にありがとうございました。

 

ご当選者の方にはRARTS偏光サングラスを順次、お送りいたしておりますが

早速、ご当選者の方よりお喜びの声が届きました。

 

RARTS偏光サングラスが当たるキャンペーン当選者はこちら

 

RARTSさんのインスタキャンペーン
に見事に当選しました🎶

オシャレなサングラスありがとうございます‼️タウンユースからアウトドアまでシッカリ使わせていただきます☺️ 某釣り具店のくじ引きも2等が当たって今年も絶好調でございます😎

#2019キープキャスト
#RARTS
#伊藤光学工業
#MEDE IN JAPAN
#最近何かとよく当たる
#宝クジ買おうかな😳
#だけど魚は当たらない💣www

 

 

おめでとうございます。

偏光レンズ『RARTS』皆さんも是非、ご体感ください。

RARTSオフィシャルサイトはこちら

RARTS

RARTSを選ぶ理由(渓流)

2019年1月16日

 渓流フィッシングにおいて、最も大切にしていることは魚との距離感です。頻繁に通うフィールドの特性上、川幅は狭く、水がクリアでかつ、水深が浅いエリアが多いため、たださえ警戒心の強いヤマメやイワナの性格がより一層強くあらわれます。そのような魚たちを相手にするためには、魚が私を見つけるよりも先に、私が魚を見つけるための「眼」が必要となります。その「眼」となる存在こそがRARTSです。

ときには、魚が岩陰や流れの瀬に隠れているため、魚の姿が確認できない状況にも遭遇します。魚が見えないからといって、アングラーが迂闊に潜んでいる魚との距離を詰めてしまうと、一瞬にしてその魚は逃げてしまいます。1歩進むのか、1キャストするのか、その重要な状況判断は、視界に映し出されるポイントから魚が潜んでいるイメージができるかどうかに委ねられます。RARTSを通してポイントを確実に捉えて、正確なアプローチをすることが1匹の美しい魚との出会いに結び付きます。

私の通う渓流域では、軸となるレンズカラーはアンバーブラウンとなります。天候や光量の変化に幅広く対応し、明るい視界を保ち続けてくれます。さらに、視界全体の中の魚や岩、瀬などの対象物を正確に把握できる立体感を作り出してくれるので正確な状況判断に導いてくれます。そして、アンバーブラウンを軸に川底の白が強い場合や色調変化を抑え、視界を自然のまま捉えたい場合はグラファイトグレー、曇天や雨天、もしくは木々に囲まれ光量が少なくなるような状況下ではスティングレイとトリードベンドを使い分けていきます。最初の1本を作るなら間違いなくアンバーブラウンがベストです。

レンズコーティングは、渓流域の様な木々に囲まれた山の中は湿度も高くなりやすく、さらに自分の足を使って魚を探し出すため、自分の身体から発せられる汗や蒸気でレンズの両面が曇りやすくなる環境下となります。それこそまさに、アメイジングコーティングの防曇性能が最大限に発揮される環境となります。実際、アメイジングコーティングを施すことによってレンズが曇るという煩わしさが激減し、魚との出会いを求めて釣りに集中できるので、とても大きなアドバンテージを実感しています。

髙橋正樹(たかはしまさき)

カッコイイ車でカッコイイボート、引っ張ろうぜ!のフレーズと共にボートと車の販売をおこなう(株)トルシープの代表を務める。オールジャンルの釣りだけでなく、アウトドアにも精通する。ボートや魚、カッコイイモノを求めて世界を飛び回る遊びのエキスパート。